プロ野球長寿、三浦大輔投手が引退。

横浜DeNA ベイスターズの三浦大輔投手、42歳が今季限りで現役を引退することになりました。精密なコントロールを武器に、プロ25年間で通算172勝をあげた。愛称は「ハマの番長」です。昨日11年ぶりのAクラスが決まり、球団初のクライマックスシリーズ進出といった花道にユニフォームを脱ぐことになりました。

記録も色々していて、プロ2年目から継続する23年連続勝利はプロ野球タイで、24年連続安打はギネス記録にも刻まれました。自分の応援している中日ドラゴンズにいて、去年引退した山本昌広さんも32年現役を続けていましたが、2人ともあっぱれですね。ここまでプロ野球選手を続ける人はこれからも出てこないでしょう。