阪神淡路地震から22年経つ(震災の経験は風化するのか)

今日のTVのニュースで阪神淡路地震から22年経つとのことを報じていました。とある会社の自主消防のことを伝えていました。その会社の社長が「災害は起こりうるものだが、それに備えて防災訓練をすることが、震災の体験の風化を防ぐのだろう。」とのこと言っていたようです。震災もすでに22年経っています。震災の経験のない世代が出てきています。その世代の震災の記憶をどう伝えるのかが震災の経験を風化させなくなるのではと思います。

 約2ヶ月後に東日本大地震から6年経過します。この地震による災害は大規模でまだ復興していない地域も多いのですが、体験していない世代が増えていますので、震災の体験をどう伝えていくかが、問われてくることになると思います。