体調が悪い時には親が作ってくれた胃に優しいものを食べるに限ります

今日はお昼ご飯に昨日、母が作ってくれた味噌煮込みうどんを温めて食べました。ここ数日、体調が悪くてお肉や揚げ物を食べたくない気分だったのですが、味噌味のうどんは胃に優しくて、また豚肉のほかににんじんや大根、ごぼうやきのこ、油揚げなども入って具だくさんだったので美味しかったです。

おやつには父が時間が空いた時に作ってくれた玉ねぎとにんじんのかき揚げと実家の畑で採れたいんげんの天ぷらがあったのでそれをご飯の上に乗せてお手製ミニ天丼を作って食べました。天ぷらは少し油っこくてまだ食べられないかなと思いましたが食べてみると美味しかったので自分の体調は少し良くなってきたのかなと思います。最近はこうした和食を食べる方が自分に合っているなと思います。